植物学教室は,分子植物科学講座と進化植物科学講座の2つの大講座を持ち,植物科学の多彩な研究分野を広くカバーしていることが特徴となっています.大講座の下には5つの分科があり,それぞれ独創性の高い研究が展開されています.


独立行政法人化後,大学は一つの転機を迎えています.より質の高い研究・教育を目指して,植物学教室では最先端の研究を推進しつつ,若い優秀な研究者の育成のために教室全体で努力を続けています.


このホームページが,植物科学を学びたいという方や植物科学の研究に携わっている研究者の皆様の交流を促す一助となれば幸いです.



植物分子細胞生物学セミナー

講師:Prof. Fumiaki Katagiri
Department of Plant and Microbial Biology, Microbial
and Plant Genomics Institute, University of Minnesota, St Paul, MN, USA

題目:Dynamics, mechanisms, and evolution of a
highly resilient plant immune signaling network

日時:平成30年8月6日(木)13:30〜
場所:理学研究科 2号館 第1講義室(120号室)

Pathogens not only initiate immune signaling in plants but also attack the plant
immune signaling network. Since pathogen can evolve much faster than plants, the
network cannot heavily rely on evolutionary adaptation but instead relies on network
resilience to withstand pathogen attack in a short term. In addition, since
unnecessary immune response negatively impacts plant fitness, the network output
needs to be tunable according to reliability of pathogen attack information. I will
discuss how these network properties of resilience and tunability emerge in the plant
immune signaling network. I will also discuss when during evolution of land plants,
the modern immune signaling network similar to that in Arabidopsis evolved.

京都大学 理学研究科 植物学教室 植物分子細胞生物学
連絡先:嶋田知生(植物学教室、内線4140)



アクセス
 吉田キャンパス
 北部キャンパスの建物案内
 バス所要時間・時刻表ヘのリンク