植物分子細胞生物学

 本研究室では植物が示す様々な生命現象を、モデル植物であるシロイヌナズナやゼニゴケを実験材料として、分子レベルおよび細胞レベルから解析しています。対象としている生命現象は、細胞分化や組織形成、細胞内膜系の構造と機能発現、生体防御システムなどです。以下に、これまでの主な研究成果を記します。


詳しい研究内容 研究室のページ


嶋田 知生(講師)tshimada@gr.bot.
河本 恭子(教務補佐員)

(+ kyoto-u.ac.jp )